エドハーディー、Ed Hardyは、クリスチャン・オードジェー氏によって、2005年に設立されたアメリカは、LA発のストリートファッションブランド。ネーミングは、彼がそのデザインをこよなく愛した、カリフォルニア州コスタメサ出身のカリスマ入れ墨彫師、ドン・エド・ハーディー氏にちなんでEd Hardyと名づけられた。クリスチャン・オードジェー氏は南フランス生まれのデザイナーであり、最初は、ロックスターを志したが、後にファッション業界に入り、デザイナーとして、ディーゼルやリーバイスといったブランドのファッションデザインに大きなインパクトを与えた。彼は、2004年頃からタトゥーアーティストのドン・エド・ハーディー氏とともにファッションブランド、エドハーディーの立ち上げを開始する。ドン・エド・ハーディー氏の名前は、知れ渡っていたので、ブラッドピットやマドンナ、ベッカムなどの有名人を始めとして、世界中のエドハーディーファンに、あっという間に広がった。当初は、多くのファンが、メンズファッションにおいてタツゥーデザインやハードロック的な雰囲気の商品を買っていったが、レディースファッションも徐々に人気が出てくる。
 エドハーディーのブランドの特徴として、独自な雰囲気の素材に、ビビッドな刺繍やプリント、ラインストーンを使ったロックっぽいファッションアイテムが挙げられる。目新しいデザインのものも多く、ロサンゼルスなどの大勢のセレブ達が愛用するブランドに成長していく。エドハーディーは、コンセプトに「自由なアートをライフスタイルに表現」という言葉を掲げ、カリスマ性のある洗練されたタトゥーデザインが際立っているのが魅力である。デザイナー、クリスチャンは、他人の視線を気にしない気持ちで製作しており、喜怒哀楽や深い愛を作品に注入している。このようなエモーショナルな部分をデザインに強く感じられるのが、多くのファンから絶大な支持を得ている要因となっている。
 今やエドハーディーの人気アイテムは幅広く、財布やバッグなどの皮革製品、Tシャツ、トランクスやレザージャケットなどのファッション製品、また腕時計やアクセサリーなどの貴金属製品が上げられる。特に、Tシャツは斬新なデザインが人気を誇っているのだが、マネークリップなどの財布やかっこいいデザインのレザー製品も、ロックアーティストが好んで身に着ける逸品となっている。

banner.jpg